Connect job WORKERS | 特定技能オンラインマッチングプラットフォーム

特定技能とは?

author

鈴木朋広 - 更新日:2021年5月24日

top-view-3

Connect Job WORKERSでは、在留資格「特定技能」で外国人雇用を考える皆様に役立つ情報を発信していきます。


特定技能は、高度人材(技術・人文知識・国際業務)と実習生(技能実習)の中間に位置づけられる在留資格です。

以下の特徴をもつ在留資格となります。

  • ・介護、ビルクリーニング 、素形材、産業機械製造、電気・電子情報関連、造船・舶用工業、建設、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造、外食業の対象14業種にて採用可能
  • ・一定の日本語レベル(日常会話以上)と専門知識を有すると証明された人材のみが採用対象
  • ・国内・海外在住問わず採用可能(国内在住者はコロナの入国制限の影響を受けない)
  • ・特定技能で在留する外国人は転職が可能(対象14業種に限定)
  • ・単純作業を職務内容として規定することが可能(高度人材では不可)
  • ・採用人数に制限なし(建設、介護は制限あり。また、実習生も人数制限あり。)
  • ・家族帯同は不可
  • ・現時点で在留期限の最長は5年間(建設、造船・舶用工業はその後も在留することは可能)
  • ・採用後は支援業務(10項目)の実施が義務付けられている(登録支援機関にアウトソース可能)

簡潔にまとめますと、一定のスキルを持った外国人材を、店舗や工場等での現場作業の労働力として確保することが可能な在留資格と言えます。

コロナ禍で海外からの実習生が入国出来ずに困っている企業や、高度人材に任せることが原則認められていない現場作業で労働力を確保したい企業にとっては非常にメリットの大きい在留資格となっております。

次回は「特定技能と他在留資格でのリアルなコスト比較」を分かりやすく解説していきたいと思います。

author
筆者

鈴木朋広 事業責任者

大学卒業後、大手繊維会社、経営コンサルティングファーム、外資系ラグジュアリーブランドを経て当社に参画。米国MBAホルダー。