About Specified Skilled Worker VISA - (Tokutei Ginou, 特定技能)

特定技能ビザとは?

Blog Article

新しいビザ「特定技能」は、日本で働く人の人数が足りないのを、かいけつするために作られています。

日本の政府がみとめている、働くためのビザはたくさんありますが、これらの、今までのビザと、この新しいビザには、大きな違いがあります。つまり、特定技能ビザは、ビザを持っている人が、専門的な資格なしで、日本で働くことを、できるようにします。

このビザが始まる前は、すべての、海外から日本に来る人(「外国人労働者」とよばれています)は、学位、特別なスキル、または、実際に働いた経験などの、資格を持っている必要がありました。なので、そうではない労働はみとめられていませんでした。今は、日本の会社は、特別な資格のない外国人労働者を、雇用することが、みとめられています。

「特定技能」と「技能実習」の違いは何ですか?

今までの「技能実習」ビザは、専門的ではない・技術的な分野ではない仕事のためで、このビザを持つ外国人は、働く事と実習を行うことになっています。

専門職/技術職のビザは、「高度な職業」、「教授」、「技術/人間の知識/国際的な仕事」、「ケア」、「スキル」です。高度な専門知識と、技術力を持った分野を、対象としているため、あるレベルの専門知識と技術力が必要なビザです。特定技能や技能実習は、そうではありません。

「特定技能1号」は中間として新しく作られたビザと言えます。「得て技能2号」は、「高度な専門職」、「教授」、「技術・人文知識・国際業務」、「介護」、「スキル」など、比較的に高い専門知識と技術を持っていることが期待される分野です。

今は、特定技能ビザは、下の条件に合う人がもらえます。

日本に住んでいる人

  • ・「技能実習2号」をおえた人
  • ・仕事のしけんと日本語のしけんに合格した留学生など

日本の外に住んでいる人

  • ・「技能実習2号」をおえた人
  • ・日本に入国する予定で、仕事のしけんと日本語のしけんに合格した人

特定技能ビザは、働く人の人数が足りない仕事のために、あります。

特定技能ビザは、2つにわけられます。

特定技能 1

  • ・仕事:レストラン、飲食料品製造、ホテル、かいご、のうぎょうなど(下の表にある、14個の仕事すべて)
  • ・長さ:一番長くて5年(4ヶ月か、6ヶ月か、1年ごとに更新します。多くの人は1年ごとです)
  • ・家族:日本に住まわせることはできません
  • ・転職:同じ業界の中でのみ、転職できます。転職は3ヶ月以内におわらないといけません。

特定技能 2

  • ・仕事:建設、造船、船舶機械工業
  • ・長さ:ずっと(6ヶ月か、1年ごとか、3年ごとに更新します。多くの人は1年ごとです)
  • ・家族:日本に住まわせることができます
  • ・転職:同じ業界内でのみ転職できます。転職は3ヶ月以内におわらないといけません。

これまでの就労ビザとは違って、特定活動ビザを申請する人は、学歴や職歴の条件を満たさなくて、OKです。ただし、その仕事で働くための、しっかりした、仕事のスキルと、日本語のスキルがあることをあわらす、しけんに、合格する必要があります。

ビザの条件

今、特定技能ビザは、14個の仕事が対象です。しかし、これから、仕事の数や、ビザの条件が変わることがあります。今、日本で、この14個の仕事の勉強している人は、日本で働くチャンスが増えます。この新しいビザは、専門的な資格がいらないので、日本で働きたい外国人に人気です。

Blog Image

特定技能 1

  • ・学歴:いりません
  • ・仕事のスキル:仕事のスキルのテストに合格しなければいけません
  • ・日本語:日本語の試験に合格しなければいけません

特定技能 2

  • ・学歴:いりません
  • ・仕事のスキル:仕事のスキルのテストに合格しなければいけません
  • ・日本語:日本語の試験はいりません

※特定技能2号のビザをもらうには、特定技能1号での、十分な実務経験がいります。なので、今は特定技能2号のビザは発行されていません。

何を待っていますか?

日本で次の準備をするか、他の種類の特定技能の機会について今すぐ見つけてください!

そして、下で、日本でもっと多くの機会を見つけてください

Share with Facebook Share with Twitter