Tokutei ginou: Care Worker

特定技能:介護

Blog Article

事実:お年寄りや障害を持った人への介護をサポートするワークセンターで、5年以内に60,000人までの働く人が雇われます。働く人は直接、会社から雇われます。これまでの経験はいりません。

概要

今までの「技能実習」ビザは、専門的ではない・技術的な分野ではない仕事のためで、このビザを持つ外国人は、働く事と実習を行うことになっています。

日本の高齢化の問題によって、多くのセクターは、日本の働く人の人数が足りないのを補うために、海外から働く人を募集することを、進めてきました。サービスのお仕事から農業のお仕事まで、特定技能で働く人が一番ほしい14のお仕事を、政府はリストにしています。

人の数を増やして働く人を増やすことは簡単に思うかもしれませんが、地方の、お年寄りの人数に、気をつけなければいけません。そして、特定技能ビザの介護福祉士のカテゴリは、最も大きいカテゴリの1つで、5年以内に、60,000人までの働く人が雇われると、予想されています。

厚生労働省のデータによると、介護福祉士の雇用者と応募者の採用率はここ数年上がっており、2017年には平均の1.54より2ポイント高い3.64になりました。これは一般的に、業界の中の働く人に対する需要は高いものの、ポジションをうめるのに十分な応募者がいないことを意味しています。

どんな仕事?

お年寄りや、障害をもった人たちの、毎日の生活をサポートするために、必要なサービスをして、その人たちの介護に責任を負います。

お風呂に入れること、ご飯を食べさせること、他の毎日の必要なサポート、また、お年寄りや障害をもった人たちのレクリエーション活動や、理学療法をします。

働く人は、お年寄りや障害をもった人たちの介護しせつで働くことが多く、会社によっては、お年寄りや障害をもった人たちの家に行くこともあります。

テストと必要なこと

特定技能ビザ(1号)に切り替えたい人は、そのために2つのテストに合格しなければいけません。

  • ・特定技能1号基礎評価試験:介護福祉士
  • ・JFT-Basic のA2~、または、JLPT のN4~

試験は、日本と海外(カンボジア、ミャンマー、ネパール、フィリピン)で、何回もあります。

海外での特定技能1号基礎評価試験の日にちは これを見てください。 日本での特定技能1号基礎評価試験の日にちは これを見てください。

みなさんは、介護の方法のきほん、人体解剖学のきほん、コミュニケーションのスキル、そして、生活のサポートスキルなど、何個かの科目のテストをうけます。ただし、介護の経験があり、特定技能2号でさいごまで働いた人は、介護福祉士に切り替える申請をする前に、試験を受けなくて大丈夫です。

何を待っていますか?

日本で次の準備をするか、他の種類の特定技能の機会について今すぐ見つけてください!

そして、下で、日本でもっと多くの機会を見つけてください

  • apple store icon
  • google play icon
Share with Facebook Share with Twitter