Tokutei ginou: Japanese Food Service Industry

特定技能:外食(レストラン)

Blog Article

事実:5年以内に53,000人までの働く人が雇われます。仕事は、食事の準備、お客さまへのサービス、レストランの管理です。働く人は直接、会社から雇われます。これまでの経験はいりません。

概要

外食は、特に東京や大阪など、レストランの数が増え続けている都市部で、日本でもっとも大きい産業の1つです。多くの仕事を生み出している成長産業ですが、働く人の数が足りないことの影響をうけません。実際、調査によると、外食で働く人への需要は増えています。2017年には、外食の人手不足は5.4%でした。これはつまり、働くすべての人の人数が470万人の場合、約25万人が足りないということです。

この理由は、日本の若い人の人数が減ってきているからです。人手不足となった他の産業と同じく、日本の政府は、海外から働きにくる人に、日本での応募と仕事をすすめています。

この業界だけで、53,000人までの働く人が雇用されると予想されており、東京、大阪、または日本のあらゆる都市に住み、働きたい外国人にとって確かにじゅうぶんな機会がひらかれます。

どんな仕事?

外食のカテゴリーの特定技能の会社は、レストラン、カフェ、ファーストフードチェーン、バー、パン屋、弁当屋、テイクアウトショップなどの食べものを出す施設です。

働く人は、レストランのきほんの、幅広いスキルを学ばなければいけません。勉強するないようは、衛生管理や食品加工、お客さまへのサービス、お店の掃除、食べものの準備、調理、お客さまの注文を聞く、料理を出すことです。

つまり、働く人は、清掃スタッフ、キッチン補助、料理人、バーテンダー、ウェイターなど、外食産業でさまざまな役割を経験する機会があります。外食産業で必要なスキルは、とても多い可能性があり、働く人は日本語だけでなく、価値のある、他の会社でも使えるスキルを身につけていることに、気付くかもしれません。

テストと必要なこと

特定技能ビザ(1号)に切り替えたい人は、そのために2つのテストに合格しなければいけません。

  • ・特定技能1号基礎評価試験:外食
  • ・JFT-Basic のA2~、または、JLPT のN4~

試験は、日本と海外(カンボジア、ミャンマー、フィリピンなど)で、何回もあります。

特定技能1号基礎評価試験の日にちは これを見てください。

テストは、衛生管理、食品加工、お客さまへのサービスの、3つのカテゴリです。

何を待っていますか?

日本で次の準備をするか、他の種類の特定技能の機会について今すぐ見つけてください!

そして、下で、日本でもっと多くの機会を見つけてください

Share with Facebook Share with Twitter